Home > イリスビス top > テープレース > 詳細


LT10-0411 トーション

19世紀、ロシアー東欧、色糸を使ったボビンレース、11.5X66cm、19世紀に西ヨーロッパの国は白糸か黒糸のレースが中心だったが東ヨーロッパでは色糸や金属糸のレースも作られた、 色使いが素朴、技術・デザインとも良し、コレクションや参考品として
\3,000
トーション

Page top