Home > イリスビス top > 和骨董 > 詳細


WA11-0401 長州山

明治37-38年から長崎の丸山で岡部実太郎が興した窯 薩摩風の焼き物で海外への輸出品として制作した 菖蒲の花と八つ橋の絵が丁寧に描いてある 英国より里帰りの品 カップ径 5.3cm H 5cm、皿径 11.3cm H 1.5cm カップの縁にホツがあり、修理してあります絵付けも修理も24金なのでレンジ不可
\10,000-
長州山

Page top